2012夏の福島ツーリング シークレットフィールド探索編

一日目が順調に終わり二日目に突入。
23時くらいには寝たのに、翌朝は8時に起床。
9時間も寝てたのか!www

いやー、どおりですっきりw
疲れた時はちゃんと寝るのが一番ですね!w

心配していた天気も薄曇りで済んでます。
画像

このまま降らないと良いのですが。

そんな中本日のゲスト、孝さん(I(弟)さん)が自走で到着。
画像

途中、塩原のあたりで雨に降られたそうですが、とりあえず無事なようです。

てか今までCRM80だったのがCRM250になってる!
どうやら増車された模様。
2スト250とかすげえなー。
パワーありそうです。

ある意味これまでとは違うしばかれ方になるんでしょうねーw
まあ大排気量に慣れるまでだとは思いますが。

とりあえず一休みしてもらって、その間俺らは朝ごはんと出発準備。
相変わらずだらだら準備して10時半頃ようやく出発ww

途中で買い出ししてからまずは奥西部林道へ。
画像

おや、テープでゲート作ってありますね。
崩落でもしてるのかな?

一応気をつけながら走ってみますが…。

途中に確かに崩落が。
画像

これか?このせいか?
ならいいんだけど違うだろうなー。

とか思ってたけど、やっぱり違ったみたい。
多分これが本命w
画像

こりゃどうしたもんか…。

様子を見ると、頑張ればなんとかなりそうな感じ。
画像

じゃあまたエクスカリバーにご登場いただきましょうか!ww

場所を選んで効率良く切っていきます。
画像


しかし倒木は危ないです。
切った瞬間荷重がかかって跳ね上がることもあるので要注意。
画像


後処理もがんばってざくざくいっちゃいますw
画像


他にも細いやつを処理します。
画像


これでなんとか開通ww
画像


手前の方もバイクのあるところまで見通せるようになったので何とか行けるでしょう。
画像


という訳でまずは俺とhero-heroさんが通過。
そしてWさん。

ちょいと苦労はしましたが、何とかクリア。

あるさんは…当然無難にクリアですね。
画像


孝さんも無事にクリアです。

慣れないバイクでも難なく走れてますね。
さすがですねー。

ここを抜けたら後は何事もないフラットダート。
画像


順調に走って起点に到着。
画像


ここから接続している西部林道を抜けます。

途中に砂防ダムがありましたが…なんか激しい事になってますね。
画像

そりゃ崩落もするわって感じですかねw

西部林道も基本フラットですが、こんなプチ崩落もあり
画像


場所によっては流水溝も結構深かったりします。
画像


まあそれでも通行に特に支障はなく、無事に出口に到着。
舗装路に出たところで一休み。
画像


いやー、しかし朝イチで土木工事になるとは思わなかったw
なんとかなる程度だったから良かったですけどね。
やっぱノコは必須だなーw

さて本日の本命、シークレットフィールド探索前に道の駅 羽鳥湖高原でちょっと休憩。
画像


事前に情報をある程度調べておいたんですが、さすがに細かいところまではわからず…。
現地で結構迷いましたが、なんとかここだろうという入り口を発見!

中に入ると…

おお。
画像


おお!
画像

あの奥に見えるのは…?

スパヒルならぬハイパーヒルクライム!ww
画像

なんでも最大斜度38°だそうです。
ここから見るとそうでもないですけど、結構高さもありますねー。

どうやらここが探してた場所のようです。
このヒルクライム、登れるものなら…と思っていましたが、見た感じ全然無理www
晴れて路面が乾いていれば何とか、かなあ。

まあとりあえず見つかった事だしお昼にしますか。
画像

お山ツーリングの定番、おにぎりとカップラーメンですがw

お昼を食べたらフリーラン。
各自適当に探索、って事で奥の方を見てきます。

メインエリアは粘土質の土ばかりでしたが、奥の方は結構しばき系の路面。
画像


面白がって進んでみましたが藪がキツくなって来たのでここいらで撤退。
画像


てか振り返っても藪。
画像

もうちょい早く気付けよって話ですw

ちょっと雨が降ってきたので一旦ベースキャンプまで退避。
画像

廃屋ですが雨宿りできるのはありがたい。

通り雨だったようで10分くらいで雨上がっちゃいました。
しかし…誰も来ないなw
みんなどこに行ったのかなあ…。

寂しくなったのでタイヤの跡を追ってみますw

ちょっとガレた上り道を上がって行くと、ヒルクライムの上に出ました。
画像

ちょっ…こわっ!www

これは登れても下りられる気がしないww

これ以上前に出たら怖いんですが、下り口の先端が見えないくらい急角度なんだもんなー。
シャレにならんw

早々に退散しますw

来た道を戻って分岐をタイヤ跡の方向に。
フィールドの一部ですけど、作業道みたいで走りやすいですね。
画像


ここを下って行った先のV字谷でようやくみんなに追いつきましたー!
画像


俺の写真じゃよくわかりませんが結構なV字ですw
画像

しかも粘土質だから斜面も滑る滑るw

ここを出たらまた作業道っぽいところを走ってベースキャンプに戻れました。
画像


お疲れ様ー!
画像

いやー、なかなか楽しいところでした。

路面の状態が良ければもうちょっと遊べそうなんですけどねー。
まあでも十分遊べるフィールドでしたね。
しばきランド(仮)とでも呼んでおきますかwww

ここの特定が今日の目的だったので、とりあえず目標は達成ー。
とりあえず帰路につくとします。

帰りも道の駅 羽鳥湖高原でちょっと休憩。
ついでに水の補給もしておきます。

休憩終わって出発しますが、地図で見るとルート的にスキー場を抜けていくルートになってます。
大丈夫かな…?と思いましたが、まあとりあえず行ってみますか、と言う事に。

実際行ってみるとグランディ羽鳥湖スキーリゾートの中を抜けていく事になるんですが、スキー場は閉鎖中でもゲートは開いてました。
そんなものなのかな?

思わずゲレンデで遊んで行きそうになりましたがそこはぐっと我慢w

ちょっと先に行くと人がいます。
関係者かな?と思ったらどうやら犬の散歩に来てる人たちのようです。
近寄ってみると…犬でかっ!www
画像

ていうかちょうもふもふ!www

触らせてもらおうかと思いましたが、みんな先に行っちゃってるので後ろ髪引かれながら泣く泣く出発w
あーかわいかったw

そして着いたところは西部林道の入り口。
画像

午前中も走りましたが、西部林道ってよくわかんないんですよねー。
何か切れ切れだし、奥西部とか旧西部もあるしw

まあ一応地図上じゃあここだってんで入ってみます。

路面は砂利少なめのフラットダート。
画像

意外と距離はありますね。
路面は奥の方はちょっと荒れているものの気になるレベルじゃないですね。
まあ走りやすい林道だなー、と。

で、次の林道に到着。
画像



そして伝説へ…www

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かま
2012年07月17日 18:51
それはまた別のお話、じゃやなくて
伝説へ…ききき気になるすw
hero-hero
2012年07月17日 20:18
次回行く時は路面が良い時に逝きたいですね~♪
駄目でもヒルに挑戦したいですね(w
ピーター
2012年07月17日 22:20
天気なんとかもって良かったですね。
トランポで遠征そして宴会、楽しそうですね、憧れるなー。林道走って夜も楽しめるなんて
かつもとせろう
2012年07月18日 11:30
ハイパーヒルクライムすげぇw
福島で土木工事w
なにやってんスかwww

伝説……勿体ぶらないで早く書いてくれー!
2012年07月18日 12:57
■かまさん

伝説ってのはちょっと盛りすぎましたかw
いやでもかなり衝撃的でしたよ。
結果は次のエントリーでどうぞー。

■hero-heroさん

そうですねえ。
路面さえ乾いていれば登れるかどうかはともかく挑戦だけでもする気になるんですけどねw
まあ関東もそうですけど、粘土質の土は厄介ですねー。

また次回にでも行ってみましょうー!

■ピーターさん

天気はなんとかなりましたね。
良かったです。

キャンプツー楽しいですよー。
夜も楽しめる…。
まあいろんな意味で楽しめましたw
ピーターさんも機会あれば是非ー。

■かつもとせろうさん

月曜日はリエゾン組の案内をしていただいたそうで、お疲れ様でした。
面白いとこ行ったみたいですねw

ハイパーヒル、すごかったですよw
あそこは是非登っていただかないとw

土木工事は…通過する為には仕方ないじゃないですか!w
おかげで何とかなりましたけどw

伝説は言い過ぎかも知れませんが、自分で勝手に語り継ぎそうな経験でしたので…w
まあ次エントリーをお楽しみにw
2019年11月03日 22:02
生木切るって最低ですね

この記事へのトラックバック