たまにはのんびりフラットツーリング

最近よくご一緒するまるさんの身内の方にオフ乗りがいるとのこと。
いつもソロで走っているのでたまにはマスツーリングに連れていきたい、という事で今回一緒に走ることになりました。

まるさんの身内にしてはあまり激しいところには行ってない、という事でしたのでフラット林道メインのツーリングを企画。
勿論、ちょっぴりスパイスの効いたところもあるんですけどねw

というわけで青梅のコンビニに集合ー。
画像

左のDT200WRが今回ご一緒することになったショックさんのバイク。
いいなあ…。

しかし今日も天気良さそうですねー。
気持よく走れそうです。

とりあえずここでの面子は揃ったので大松閣近くの駐車場に移動。
ここであるさんと合流してようやく全員集合ー。
画像


そんな訳で今回のメンバーは

かつもとせろうさん:セロー250
かよこさん:WR250R
まるさん:しぇるぱ
ショックさん:DT200WR
わたさん:CRF100
あるさん:しぇるぱ
かまさん:XR250
と、俺は今回DT125Rで参加。
フラット林道だしねw

という訳で合計8名でツーリングに出発です。

まずは定番の大名栗から。

最近めっきり舗装が伸びちゃってつまんなくなった大名栗ですが、それでもまだまだダートは健在。
走れるうちに走っておかないとねー。

今回DTなので、体の馴しも兼ねてゆっくり目に走ります。
さくさく走ってまずは駐車場で一休み。
画像


せっかくなのでショックさんのDT200WRをじっくり拝見。
画像

んー、いいなあ。
このエンジンと足回り、くれねえかな…?w

とよく見てみると見慣れないパーツが。
画像

なんと自作ハンドガードwww
すげえww

どうやら機械加工や整備が得意、というかそういう方面のお仕事みたいで、こういうのはお手の物みたいです。
しかし…自作のハンドガードは初めて見たわw

しぇるぱ組がフロントアップの練習等して遊んでましたが、しばらく休憩したら先に進みます。

大名栗は舗装工事も進んでいますが、他にもいろいろと工事やってますねー。

これは法面補強かな?
画像


こっちもこれから法面補強やるみたい。
画像

こりゃほんと日曜日しか走れないっぽいですね。
まあ日曜だってほんとは立入禁止なんでしょうけど…w

いろいろ工事やってて路面がぬかるんでるところ多いのに加えて、何日か前に降った雨のおかげで水溜りが結構多いです。
画像

汚れる…。
ってオフで汚れを気にしちゃだめなんですけどねw

中には避けられないほどデカイ水溜りもあるので仕方ないんですけど…まあ避けられるもんなら避けたいですよねーw

一応突っ込まないように気をつけつつ走って、有馬林道との分岐に到着。
画像

ちょっと休憩ー。

この時点で10:30。
この後、西名栗に行こうかどうしようかちょっと迷いましたが、お昼の事もあるので大名栗を出たら西名栗は走らず広河原逆川林道を行く事にします。

大名栗もここから先は崩落がまだ一箇所残ってただけで特筆するポイントは無し。
画像

そういや例の大崩落は、通り過ぎた後
「あれ?ここだっけかな?」
と思うくらいにきれいに直ってました。
土木工事のレベル高杉ww

大名栗を出たら予定通り広河原逆川林道で有間峠へ。
画像

大体いつもガスってる記憶しかない有間峠ですが、今日はピーカンw

遠くの景色までよく見えますねー。
画像


一通り景色を堪能したらお昼に行きますよー。

広河原逆川林道をずーっと下って浦山ダムの手前にある秩父市浦山フレッシュセンター
画像

ここでお昼にします。

蕎麦かうどんが出来るようなんですが、お店のおばちゃんは
「うどんなら4玉ありますからー」
と、しきりにうどんを薦めてくる。

そんなおばちゃんの意向を無にするが如く、全員蕎麦を注文www
ヒドスww

まあ、俺も蕎麦大盛り注文したんだけどさw

そんでおばちゃん仕方なくそば打ち開始。
画像

まあ仕方なくって訳じゃないんだろうけどw

しかしさすが手際いいですねー。
画像

これで大体5人前なんだそうです。

ばさっと打ち粉を振って麺棒で伸ばしたら、さくさく切っていきます。
画像


そんなこんなで出来上がりー。
画像

おお、これぞ三たて。
…いや、さすがに「挽きたて」じゃないだろうから「打ちたて」「茹でたて」の二たてかw
まあ実際には打ってからしばらく寝かせた方が美味しく茹で上がるらしいですけどねー。

まあそんな薀蓄はともかく、なかなか美味しい!
天ぷらもオプションで\100なんですが、これで\100なら十分!

みんなも美味しそうに食べてますねー。
画像

いや実際ほんとに美味しかったです。

美味しいお蕎麦を堪能したら午後の部ですよ。

まずは秩父中央線から。
画像


ドフラット中のドフラット林道って印象ですけど、最近はちょっと洗掘溝とか出来たりして荒れ気味ですね。
まあでもまだまだドフラットw
ちょいと滑りますけど走りやすい道です。

さくさく走って終点に到着ー。
画像


しかしちょっと調子に乗って全開にしたせいか、ちょっとDTの調子が悪くなってきた…。
お盆休みのツーリングの時のような症状。
5000回転以下だと全然回らなくて使い物にならない…。
ほんと何なんだろこれ。
困ったもんだなー。

まあ騙し騙し走るしか無いですね。

秩父中央線を抜けたら舗装林道を通って本日のスパイス、はげ山へwww

いややっぱフラットばっかだと飽きちゃうしさ。
ちょっとピリッとしたところ走りたいじゃん。
まあDTの調子が悪くなるのは想定外でしたけど…w

はげ山入ってちょっと行くと、ここんとこの雨のせいか沢が出来てましたw
画像

しかし相変わらず藪が多い…。

ちょっと進むと完全に藪こぎになった上に、記憶に無い大岩がどーんとw
画像

こんなんあったっけかなあ…。

何とか避けられそうなので、避けて進みます。
それにしてもまあ…初見だとここが道とは思えないですねw
画像


初しばきにショックさんの息も絶え絶えにwww
画像


後ろの方でもなんだか苦労してる様子。
画像

すすきが綺麗ですねー。

…じゃなくて、すすきの中に岩がトラップみたいに埋まってて、それに引っかかっちゃうんですよねw
こんな感じでw
画像


まあでもみんなで助けあいながらなんとか進みます。
画像

あるさん、かつもとさん、ヘルプご苦労様ですw

朝は結構涼しかったのでジャケット着てきましたが、おかげで暑いのなんのw
途中の広いところでちと休憩。
画像


DTも完全にオーバーヒートw
画像

もうこうなると回転上げて進んでも1~2mでエンストw
押したほうが早いくらいですw

風景は爽やかなんですけどねえ…w
画像


ちょっとエンジン冷やしたらリスタート。
しかし多少冷えたからと言っても不調の症状は変わらないし…
画像

進行自体もさくさくとは進みませんw

ほんとに騙し騙し進んで、最後は押しでなんとか上がって広場に到着。
画像

つーかれたー!ww

さて、ここまで来たら最後の難関がこのヒルクライム。
画像

バイクが無事ならどうという事はないんですが…今のDTじゃ無理。

という訳でかよこさんのWRを借りて登頂ーw
画像

おー、いい景色だー。

と、写真を撮ったらバイク返すために速攻下山w

他の人が上るのを応援しますが…

ショックさん惜しい!
しかしバックで下りるのは上手いなあw

この後何度かリベンジしてましたが上手く行かず…。
最終的には体力尽きたようですw

そんじゃ代わりに、という訳でDT200WR借りて再登頂ーw
画像

おー、再びいい景色ーw

自分のDTで上がって来られればなあ…。
と思って一回チャレンジはしてみましたが、どうにも不調で全然上れませんでしたw

ショックさん以外はなんとか全員上れたし、ゆっくり休憩もしたのでそろそろ下ります。
画像


上りに比べりゃ楽ですけど、あの状態じゃねえ…。
当然下りも引っかかりますよw
画像

なかなか上手くはいかないもんですw

まあそれでも何とか全員無事に下山。

ちょいとしばかれましたが、最後はまたフラットで締めましょう、ってんで御岳山林道へ。
画像


ちょっと心配でしたが案の定…上りませんw
仕方ないので2~3速は半クラ使いながら回転数を維持。
まさにクラッチはアクセルですねw

だんだん症状が悪化してきて6000回転でも時々息つくようになってきました。
お陰で常にほぼ全開w

何とか峠付近まで来ましたが…
画像


後続からは
「焦げ臭い」「煙い」
とクレームの嵐でしたw
画像

すんません…最後尾走るべきでしたね…。
(´;ω;`)

まあでもここからちょっと行けば下りだし、後は臭くないからw
と、また先頭を走らせてもらって無事終点に到着ー。
画像


もう既に日も暮れかけてちょっと寒い。

なので最寄りのコンビニで最後の休憩。
画像

ここで流れ解散ということになりました。

お疲れ様でしたー!


いやあ、ほんとDT調子悪くて参った。
マジで何とかしないと使えねえ。
どうしたもんかな…。

ショックさんもいきなりあんなところに連れて行かれて大変だったと思うけど、また来てくれると嬉しいですね。
まあ誰もが通る道ですw
これで嫌になったらもう来ないし、ちょっとでも楽しいと思ってくれればハマるんですけどねーw

まあでもフラット林道メインのツーリングはまったりしてていいですねー。
フラット林道となると、どうしても秩父方面になってしまいますが、機会あったらまた行きましょうー!
お疲れ様でした!

"たまにはのんびりフラットツーリング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント